元々ヒッピーだそうで、独学で絵画を学んだそうな。その前職は料理人なんだという。手法で言えば、黒のペンで小さな円を無数に描いて書いていく(手法に名前とかついてるのかなぁ…)、GOMAもこの手法だった、草間彌生も。この書き方の人に共通するのが、「絵を描かずにはいられない」のだという。つまり、描かないとストレスが溜まる状態にあるようだ。

こういうなんというか、微細なアートで抽象的なものは、「ぬんぐっ」って感じであっちの世界にはいる感じで、入り口が狭い感覚がある。入ったあとは広いんだけど。

この色を使わないと点もなにか平等を感じる、入り口にバイアスがないというか。