この人はまだ生きてるのが不思議な感じがしている。自分らの世代にとってはまったくタイムリーな人ではないのだが、日本のグラフィックとかアートにおいてかなり異質な存在である。なんでもこの独特な感性は、戦前の子供のカードゲームの影響を受けているようで。

インタビュー内のこの部分は作り手なら、そこにいけるかどうかは別として誰もがもつ疑問か?

私は本当に何かを単に仕事としてしなければならないのか、それとも私がそれを芸術作品としてやろうとしなければならないのか、という疑問が残っていました。

彼は元々グラフィックデザイナーだったというのは有名な話のようですが、そこからアーティスト、画家として生きようと決めたのは、MoMAでピカソを見たときだったとのこと。

また小さい頃から霊感があったようで丹波哲郎との対談で以下のような事を言っています。宇宙人だったようです、納得しました。

横尾 僕は夢の中で、1970年ですから、いまから19年前くらいですか、その頃からUFOの夢をどんどん見るようになって、宇宙人が現れたりして、一度、3人か4人の宇宙人に、ここの首のところに器具を入れられたんですよ。僕は夢の出来事だと思って、気絶したんです。それが実は、コンタクトが始まってから明かされたんですけれども、われわれと通信しやすくするための波動の送受信装置だったんですよね。