derrick may after dark

After Dark with Derrick May

2018年現在シンガポールでTechnoのイベントが行われるているのは、Headqurter、Kilo Lounge、Tuff Clubの3箇所である。どれも歴史が5年もないので場所としてはこの記事を読んでる時にはおそらく残っていない可能性が高い。

さて今回は、デリックメイがシンガポールにくるというのでKilo Loungeまで足を運んだ(ちなみにこのシンガポールのイベントはResiden Advisorには書かれてなかったので、お忍びだったのかもしれない)。Kilo Loungeは韓国人を多くみかけるTanjong Pagarという地域のクラブだ。入り口はまさに裏口で、店の裏手に回るとIDチェックの黒服と受付がいる、基本的にIDチェックはない。

入場料は$10~$30ほどで安い。このクラブは天井は高くないが綺麗なクラブで、キャパは400人ほどであろうか。音も普通にいい。バーにもバーテンが5人くらい常時いるので、お酒を買うのにそこまで待つ必要はない(ただしご存知の通り高い。ビール一本$15)。

ただしDJブースの裏に関係者のみが座れるスペースがあり、DJの後ろを人が通ったり、客を向こう側から撮影したりしているので、正直ちょっと邪魔である。こういうのでイベントが誰のためのイベントなのかがわかる。

DJブースと反対側には、くつろげるソファーがいくつかあり雑談できるスペースがある。

デリックはどうやらこの場所が初めてだったらしく、最初の30分ほどはエンジニアと音響のやりとりをずっとしていた。終わりの時間がきても彼はプレイを続けたが、オーガナイザーが入って来て最終的には45分ほど延長してストップした。

the counsil

The Council Warehouse in October 2018

このイベントはThe Councilというプロモーターによって開催された(彼らは普段はBoat QuayにあるHeadquartersというクラブでイベントを行っていて、PRを持ったシンガポール人からしたら外人という立場の人達が主催している)。

小規模なイベントを行っているにしては、えらくプロモーションがしっかりしていて、またチケットもこの規模にしては高く設定されている($35~$50)。もしかしたら結構利益を得ているのかもしれない。

 

さて、今回行われたイベントは、TBAのウェアハウスイベントだったが、バリバリ現役の倉庫の一室を使って行われた。

あらかじめ購入しておいたメールアドレスに、当日の夕方TBAの場所が届いた。シティからタクシーで10分ほどのまさに工業団地のような場所である(帰りのタクシーの運ちゃんいわくやはりそうであった)。タクシーを降りて倉庫の周りを歩いてみると重低音がどこからか聞こえてくる。

 

深夜12時過ぎだ。胸高鳴る瞬間だろうか(病気かな?)。

入り口付近ではシンガポールでは、あまり見かけないアジア人の流行ってるっぽいファッションをしてる若者、そして西洋人がチラホラ。

入り口が自ずとわかったので、おそらく業者しか使わないであろう何かの荷配送用エレベーターで5Fまで上がると、しっかり警備員とわかる警備員が2人、IDチェックを行っている。

IDチェックを行っている時点でかなりまともなイベントである、TBAといえどそこはシンガポールだ。チェック、受付を済ませて中にはいると、足場などが組まれ、天井には照明とストロボがしっかりと設置されている。即席レベルではく、トラックで運ぶレベルのイベント会場が出来上がっていた。

冷房などもほかの場所からもってきた感じで、他に巨大な扇風機も回っていた。

正面のDJブースはしっかりしてもので、またDJブーストは真逆にドリンク売り場、ライティングが一人ずついる。

逆走の比率は、外人3割、ローカル7割といったとこだろうか。日本人らしき人はみかけなかった。

 

メインDJはドイツから来たというNur Jaber
良くも悪くもドイツっぽいといえばいいのだろうか、個人的にはライティングの人が仕事してるなぁという印象と共に1時間ほどでイベントを後にした。

shimamoto-shozo

嶋本昭三 Shimamoto Shozo

パフォーマンスがやはり目についてしまうのですが、私の勝手な解釈ではプロセスも含めて身体をあっち側にかなりまかせるタイプのアーティスト。その"とき"の状態によって、かなり作風も違うように感じる。いわゆるネイチャーというか自然を感じる。

フレッドトマセリ

フレッド・トマセリ Fred Tomaselli

1956年、アメリカのサンタモニカにて誕生し、ニューヨーク・ブルックリンに拠点を置く。ペインティングとコラージュが主で、彼の作品は、精密で巧妙な幾何学パターンを用いることが多い。トマセリの絵画には、花や鳥、蝶、腕、脚、鼻などの切れ端、雑誌などと一緒に、薬草、処方薬、幻覚薬などを。自分の作品を幻想的な宇宙であるかのごとく作っているとのこと。

フレッドトマセリ

hiroyuki-doi

土井宏之 Hiroyuki Doi

元々ヒッピーだそうで、独学で絵画を学んだそうな。その前職は料理人なんだという。手法で言えば、黒のペンで小さな円を無数に描いて書いていく(手法に名前とかついてるのかなぁ...)、GOMAもこの手法だった、草間彌生も。この書き方の人に共通するのが、「絵を描かずにはいられない」のだという。つまり、描かないとストレスが溜まる状態にあるようだ。

こういうなんというか、微細なアートで抽象的なものは、「ぬんぐっ」って感じであっちの世界にはいる感じで、入り口が狭い感覚がある。入ったあとは広いんだけど。

この色を使わないと点もなにか平等を感じる、入り口にバイアスがないというか。

Rudolf Hausner

ルドルフ・ハウズナー Rudolf Hausner

ウィーン幻想派のリーダー的存在だったようだ。他の創立メンバーには、エルンスト・フックス、ヴォルフガング・フッター、アントン・レームデンアリク・ブラウアーなどがいる。彼がメインの代表との創立メンバーの一人であるこのpsychicをなんと略せばいいのやら、幻想?超能力..?。現代でいうところのスーパーリアリズムとでもいおうか..書いてある内容は現実離れしているが、その描写力はそこに存在しえるかのようだ。ダリとかもそうだけど、現実にないものを描くにあたって逆に現実と見間違えるほどのリアルな描写が必要とされるというか。写実力がある一定レベルを超えないと、先に進ませないといったような気迫と同時に、ハウズナーの場合は、どこかユーモアも感じる。

このあたりのオーストリア一派は惹かれるんだよなぁ。

Hausner has been described as a "psychic realist" and "the first psychoanalytical painter

富樫の念獣はきっとこれに影響を受けてる。

Rudolf Hausner-2

Abdul Mati Klarwein

アブドゥル・マティ・クラーワイン Abdul Mati Klarwein

サンタナのジャケットから知った、アブドゥル・マティ・クラーワイン。作品はなんというか、シュルレアリスムという感じだが、結構直接的なサイケデリックな手法を使ったりもしている。このサイケデリック手法は、結構無理やり扉をこじ開ける形なので、荒療治というか、ナチュラルにある程度まで進んでいる人が見ると、嫌悪感も抱くはず。ケミカルかハシシかみたいな感じだろうか。

サンタナ以外にもマイルス・デイビスなどのジャケットなども手がけているようだ。死後なおこのようにサイトを誰かが更新しているという形はおもしろい。現代のアートの文脈ではおそらくartsyに登録すらされてないので、まったく切り離されているんだろう。

http://www.matiklarweinart.com/artworkgallery.php

Zio Ziegler

ジオジグラー Zio Ziegler

キュビズム(cubism)、古典主義(classicism)、未来派(futurism)にも影響されているようで、サンフランシスコ在住でまだ非常に若い。2015年にはVansとのコラボレーションを記念して、日本にも来日しているようだ。

彼の絵の特徴は、パターンの繰り返し、巨大化、ゆがみなどで、即興で書いていくようだ。俗に言うサイケの技術と個人的に称しているものたち。英語だとそれぞれ、repeated motifs of primitive patterns, gigantism, and distortion。

また、Arte Sempreという服屋も持っているようだ。2015年にはVansともコラボレーションしていたりとアパレル関連にも興味があるのだろうか。

https://artesempre.com

http://www.zioziegler.com/

https://vimeo.com/251197675?title=0&byline=0&portrait=0

ORI TOOR

2018Illustratorのスプラッシュ画面に出てきたイスラエル在住のイラストレーター、なんと呼ぶのだろうか?プロフィールをみたらもともとが2Dのアニメータらしいが、2Dのアニメーターの能力はイラストレーター能力を包括しているので、まぁどっちでもいいか。

http://oritoor.com/projects

グラフィックデザイナーの仕事単価がWEBやメディアアート系のものに奪われている中で、プログラム関連があまり得意でないグラフィックデザイナーの人にとってはモーショングラフィックというのは一つに残された道なのだろうか?アート的な技を2Dに落とし込んで、掘り込みレベルもそこまでではないので、なんといったらいいのだろうか...ちょうどいい感じだ。

ORI TOOR

dogu

縄文時代のアート

縄文時代といえばなんといっても土器である。この縄文土器というのは、なんでもあの岡本太郎がが1952年に『みずゑ』誌上で「四次元との対話――縄文土器論」を発表するまで、縄文土器や土偶は美術品ではなく工芸品という扱いを受けていたそうだ。

http://www.kaen-heritage.com/doki/taro/

考古学者の小山修三氏によると、元々は煮炊き、貯蔵、食器など、単純な狩猟採集段階から脱した縄文社会の生活のかたちを作ってきたが、時代が進むにつれてそのような実用的な使い方から、アートとしての、つまり精神世界への触媒として土器が使われ始めたようなのである。

確かに、ただ実用的というだけであるならば、このような装飾はむしろ邪魔であるはずで、一説によると調理する過程においてその魔法的な力から、この土器に神が宿っていると考えられ、それを表現したのではないかというものがあった。

しかい実は私はこの土器よりも心惹かれるものがある、それは土偶である。アフリカのマスクなども好きなのであるが(どこかで取り上げる)、この土偶にも同じようなパワーを感じる。多産や豊穣を願い、儀式に使われていたそうで、あちら側とつながる為に作られたものだろう。