2018年現在シンガポールでTechnoのイベントが行われるているのは、Headqurter、Kilo Lounge、Tuff Clubの3箇所である。どれも歴史が5年もないので場所としてはこの記事を読んでる時にはおそらく残っていない可能性が高い。

さて今回は、デリックメイがシンガポールにくるというのでKilo Loungeまで足を運んだ(ちなみにこのシンガポールのイベントはResiden Advisorには書かれてなかったので、お忍びだったのかもしれない)。Kilo Loungeは韓国人を多くみかけるTanjong Pagarという地域のクラブだ。入り口はまさに裏口で、店の裏手に回るとIDチェックの黒服と受付がいる、基本的にIDチェックはない。

入場料は$10~$30ほどで安い。このクラブは天井は高くないが綺麗なクラブで、キャパは400人ほどであろうか。音も普通にいい。バーにもバーテンが5人くらい常時いるので、お酒を買うのにそこまで待つ必要はない(ただしご存知の通り高い。ビール一本$15)。

ただしDJブースの裏に関係者のみが座れるスペースがあり、DJの後ろを人が通ったり、客を向こう側から撮影したりしているので、正直ちょっと邪魔である。こういうのでイベントが誰のためのイベントなのかがわかる。

DJブースと反対側には、くつろげるソファーがいくつかあり雑談できるスペースがある。

デリックはどうやらこの場所が初めてだったらしく、最初の30分ほどはエンジニアと音響のやりとりをずっとしていた。終わりの時間がきても彼はプレイを続けたが、オーガナイザーが入って来て最終的には45分ほど延長してストップした。