このイベントはThe Councilというプロモーターによって開催された(彼らは普段はBoat QuayにあるHeadquartersというクラブでイベントを行っていて、PRを持ったシンガポール人からしたら外人という立場の人達が主催している)。

小規模なイベントを行っているにしては、えらくプロモーションがしっかりしていて、またチケットもこの規模にしては高く設定されている($35~$50)。もしかしたら結構利益を得ているのかもしれない。

 

さて、今回行われたイベントは、TBAのウェアハウスイベントだったが、バリバリ現役の倉庫の一室を使って行われた。

あらかじめ購入しておいたメールアドレスに、当日の夕方TBAの場所が届いた。シティからタクシーで10分ほどのまさに工業団地のような場所である(帰りのタクシーの運ちゃんいわくやはりそうであった)。タクシーを降りて倉庫の周りを歩いてみると重低音がどこからか聞こえてくる。

 

深夜12時過ぎだ。胸高鳴る瞬間だろうか(病気かな?)。

入り口付近ではシンガポールでは、あまり見かけないアジア人の流行ってるっぽいファッションをしてる若者、そして西洋人がチラホラ。

入り口が自ずとわかったので、おそらく業者しか使わないであろう何かの荷配送用エレベーターで5Fまで上がると、しっかり警備員とわかる警備員が2人、IDチェックを行っている。

IDチェックを行っている時点でかなりまともなイベントである、TBAといえどそこはシンガポールだ。チェック、受付を済ませて中にはいると、足場などが組まれ、天井には照明とストロボがしっかりと設置されている。即席レベルではく、トラックで運ぶレベルのイベント会場が出来上がっていた。

冷房などもほかの場所からもってきた感じで、他に巨大な扇風機も回っていた。

正面のDJブースはしっかりしてもので、またDJブーストは真逆にドリンク売り場、ライティングが一人ずついる。

逆走の比率は、外人3割、ローカル7割といったとこだろうか。日本人らしき人はみかけなかった。

 

メインDJはドイツから来たというNur Jaber
良くも悪くもドイツっぽいといえばいいのだろうか、個人的にはライティングの人が仕事してるなぁという印象と共に1時間ほどでイベントを後にした。